カリスマを誇るウォークイン・バルの2号店

0

th_Barrafina_Covent_banner

Barrafina Adelaide Street   バラフィーナ アデレード・ストリート店

常にお洒落なグルメ・ロンドナーで混雑しているSOHOはFrith Streetにあるウォークインのみのスパニッシュ・タパス・バー、Barrafinaによる満を持しての2号店。2014年夏にコベント・ガーデンにオープンしましたが、この後すぐに同エリアのDrury Laneに3号店を出店しているというセントラル・ロンドンの人気者です ^^  チェーン展開? と思うとクオリティに疑問が沸きそうですが、そこはロンドンにおけるタパスのクオリティ向上に貢献してきたオーナー兄弟のこと、手抜かりはないようです。

th_barrafina_Covent3

オリジナル店と同じくカウンターのみの小さな店とはいえ、ちょっと短いU字型のようなレイアウトで、こちらのほうが若干広々としている印象。トラファルガー広場すぐそばという場所柄、ツーリストにも広く開かれている明るいスペースです☆

濃厚カニ・コロッケ☆

濃厚カニ・コロッケ☆

海老入りのトルティーヤは中がとろ〜り♪

海老入りのトルティーヤは中がとろ〜り♪

ブルスケッタ、ピメントス、カニ・コロッケ、エビ入りトルティーヤなどの定番は、どれもオリジナル店と同様のクオリティ。ワインやシェリーに合わせるために塩加減はどちらかというと濃いめです。

ピーマンのオイル漬け、エスカリヴァーダが旨い!

ピーマンのオイル漬け、エスカリヴァーダが旨い!

野菜好きとして感動したのは、グリルしたオイル漬けパプリカをパンにのせた定番料理「Escalivada con Pan de Coca」(このメニューはSOHO店にはないはず)。コンビネーションとフレーバーが素晴らしかったです♪ 本日のスペシャルだった小ガレイのフライはもう少し長く揚げてカリカリ感を出したほうがいいかなという仕上がりでしたが、お魚は新鮮で美味しかったです ^^

水はスティルもスパークリングも無料。ワインもグラスが4ポンドからあり、観劇前後にサクっと立ち寄って小腹を満たすのにも最適。 6時に行っても座れない可能性は高いですが、待ちリストに入れてもらって立ち飲み席でゆっくりするのもまた一興♪

10 Adelade Street, London WC2N 4HZ

店名Barrafina Adelaide Street
最寄り駅Charing Cross / Leicester Square
住所10 Adelade Street, London WC2N 4HZ
電話番号
営業時間月〜土 12:00 – 15:00 / 17:00 – 23:00 日 13:30 – 15:30 / 17:30 - 22:00
URLhttp://www.barrafina.co.uk/restaurants/adelaide-street
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す