ターキッシュ・フュージョン、美味快々☆

0

th_Oklava_banner

Oklava  オクラヴァ

昨年秋ショーディッチに鳴り物入りで登場した女性シェフが活躍するモダン・ターキッシュ・バー。ここはロンドンのグルメ・シーンを牽引する数々のレストランで経験を積んだ実力派チームが創り上げた店だけに、オープン当初から大きな注目を集めていたことは驚くにあたりません。

左上に写っているのがセリンさん☆

左上に写っているのがセリンさん☆

ヘッド・シェフは、ロンドンにおけるフュージョン・フード・シーンの立役者であるニュージーランド人シェフ、ピーター・ゴードンさん率いるレストランで経験を積んだ才能あふれる女性シェフ、セリン・キアジムさん。いまは無きKopapaでヘッド・シェフを務めたこともあるセリンさんが作るのは、自身のルーツであるトルコ/キプロス料理を極限までモダナイズし、かつ大変味よく仕上げた中東コンテンポラリーです。トルコ風ピザのピデや伝統のグリル料理も半端なくフュージョン化され、小気味よささえ感じるほど ^^

ズッキーニのフリッターは予期せぬ味わい ^^

ズッキーニのフリッターは予期せぬ味わい&歯ごたえ ^^ パンに付いて来たほんのり甘いスプレッドが美味!! 
たぶんイチジクが使われていると思った

タコとリコッタのピデはハチミツも少しかかっているので、甘辛好きな方におすすめ。ピクルス&サラダも丁寧な下ごしらえが好印象(左上)。左下はナスの野菜料理

タコとリコッタのピデはハチミツも少しかかっているので、甘辛好きな方におすすめ。ピクルス&サラダも丁寧な下ごしらえが好印象(左上)。左下はナスの野菜料理

ズッキーニのふわふわフリット、ナスのサラダ(Imam Bayildi)、スパイシー・カリフラワーのグリル・サラダなど、野菜料理は言わずもがなの仕上がり。ピデ・メニューから選んだタコとリコッタのピデはこれまで食べたことのないエキゾチックな美味しさで、さらに甘酸っぱくピクルスした野菜入りのフレッシュ・サラダまで付いてきて幸せな一品でした♪

右はスパイシー・カリフラワーのサラダ。他の素材との組み合わせもいい。左が洋なしと栗のフレーバーを組み合わせたパフェ(アイス)デザート。美味なり

右はスパイシー・カリフラワーのサラダ。他の素材との組み合わせもいい。
左が洋なしと栗のフレーバーを組み合わせたパフェ(アイス)デザート。美味なり

デザートにはヨーグルトとハチミツのアイスに洋なしのソテーや栗の揚げ団子、栗のペースト、洋なしのシャーベットなどが組み合わされたコンプリケーティッド&デリシャスな一品を試し、口福でした☆ シェフの力量に素直に脱帽。

オープン・キッチンのとても小さな店はショーディッチらしい客層で賑わっていました。席数が限られているので週前半でも予約は必須。ウォークインでも運が良ければカウンターに座れるかも〜♪ 週末はトルコの朝ご飯をイメージしたブランチ・メニューがあるみたいです。

【2016年7月再訪記録】

th_Oklava1

 

サマートリュフとポテト、チーズのピデ♪

サマートリュフとポテト、チーズのピデ♪

右下はクリスピーなラム胸肉とヨーグルト、左下はキプロス風ポテトチップスのガーリック&ハーブ・マヨ

右下はクリスピーなラム胸肉とヨーグルト、左下はキプロス風ポテトチップスのガーリック&ハーブ・マヨ。止まらない美味しさです

ここに来たら絶対に食べたい、人参のボラニー。あまりに複雑な構成要素で説明できませんが、激ウマです。

ここに来たら絶対に食べたい、人参のボラニー。あまりに複雑な構成要素で説明できませんが、激ウマです。

サバのザクロ・ドレッシング☆

サバのザクロ・ドレッシング☆

 

74 Luke Street, London EC2A 4PY

店名Oklava
最寄り駅Old Street / Shoreditch High Street
住所74 Luke Street, London EC2A 4PY
電話番号020 7729 3032
営業時間火〜金 12:00 – 15:00 / 17:30 – 22:30 土 11:00 – 16:00 / 17:30 – 22:30 日 11:00 – 16:00
URLhttp://oklava.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す