台湾中華バーガー「Bao」のトレンド、南へ

0

th_mr-bao_banner

Mr Bao   ミスター・バオ

昨年春からSOHOのLexington Streetを台風の目として吹き荒れていた台湾発のミニ中華バーガー「Bao」旋風はその後、ロンドン各地に広がり、今年春には南のトレンド発信地、Peckhamにも上陸。ペッカム・ライ・パーク&コモンの北端で旋回を続けている模様☆

th_mr-bao_0

現地コミュニティーとのつながりを大切にしているとのこと

現地コミュニティーとのつながりを大切にしているというMr Bao、モダンな内装です

小さな店ではありますが、メニューがバオと極小皿料理だけなので回転が速いことは間違いなし。バオ・メニューは「Mr Bao」と名付けられた豚バラ煮込みの看板バオのほか、チキン、シイタケの照り焼き、スパイシー海老、ラム肉のバオに加えてスペシャル・メニューが折に触れて加わるようです。

左上はサイドのほうれん草の胡麻味噌ドレッシング

左上はサイドのほうれん草の胡麻味噌ドレッシング。生のベイビーリーフがロンドン風。スペシャルは黒板で

とりあえずMr Baoを試してみました!  柔らかポークは火の通り具合も味もよく、美味しくいただきました♪ 右上はサイドのテンダーステム・ブロッコリー。

とりあえずMr Baoを試してみました! 柔らかポークは火の通り具合も味もよく、美味しくいただきました♪ 表面にトッピングされているのはピーナッツです。右上はサイドのテンダーステム・ブロッコリー。

小さな中華バーガーなのでお値段は3.90ポンドから4.60ポンドのあいだ。もっともファーストフードだと思うとそれなりのお値段ですが、フィリングはナチュラル&スロークックで手間ひまかかった本格派です。エキゾチックな台湾のストリート・フードを手軽に味わえるとあって、バオがロンドナーに大受けなのも納得。蒸し中華バンズのテクスチャーが軽いので、2個はペロリとイケてしまいそうですが、栄養バランスをとりたい場合はサイドに小さな野菜料理をいっぱい付けてみましょう♪

th_mr-bao_5

実は私、行列に怖れを成してまだ中心部のBaoを試したことがないのですが、ウワサによるとミニミニ・サイズらしいですね。Mr Baoのほうが若干大きめとのこと。やはり土地代なんですかね ^^;

一人でふらりと昼間に立ち寄って(行列なし!)、軽いバオ・ランチというのも乙なもの。持ち帰りにしてペッカム・ライ・コモンでお弁当にするのも気落ちよさそう。日本人が好きな味であることに間違いないです ^^

23 Rye Lane, London SE15 4UA

店名Mr Bao
最寄り駅Peckham Rye
住所23 Rye Lane, London SE15 4UA
電話番号020 7635 0325
営業時間火〜金 12:00 – 15:00 / 18:00 – 23:00 土・日 11:00 – 16:00 / 18:00 – 23:00
URLhttp://www.mrbao.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す