北・上・台の融合モダン・チャイニーズ、西に極まれり

0

th_shikumen_banner

Sikumen Shepherd’s Bush   シクメン・シェファーズ・ブッシュ

「シクメン」と聞いて、「イケメン」とか「イクメン」とかを想像したのは、私だけではないはず(笑)。しかして本当の意味は「石の門」とのことで、租界時代の上海に多くみられた中西折衷のアーチ形石門のある建物にちなんだ名前なんだとか。イースト・ミート・ウェストという感じで、東西をつなぐお店、との心を込めているみたいです。西ロンドンはシェファーズ・ブッシュにある店は四つ星のDorset Hotel内にあり、アーチ形の門こそないものの、なんだかそんな雰囲気がただよう立派な造りなのです ^^

もちろん紹興酒もあります☆

もちろん紹興酒もあります☆ ホットでどうぞ〜 :D

なかなかのハンサム空間です

なかなかのハンサム空間です

インテリアも高級感があるので、記念日の食事やビジネス会食などにも重宝しそうです。突き出しはキュウリの酢漬けで、そのスタイルはヤウアチャにそっくり。ロンドンでモダン高級中華のお手本と言えばハッカサンかヤウアチャでしょうから、2015年春オープンの新顔さんとしては賢明な模倣だと言えます。

th_shikumen_3

点心類はどれも美味しそうです。魚介の蒸し点心、サイコー!

点心類はどれも美味しそうです。魚介の蒸し点心、サイコー!

この日はグループだったので、コース料理をいただきました。最初に出てきた海鮮点心・・・これが美味しい!!  丁寧に作られた自然派点心という印象で、魚介のジューシーな旨味がそれぞれの点心からじゅわりと・・・飲茶でまたぜひ戻ってきたいと思った次第です ^^

数年に一度食べるか食べないかの北京ダック・・・

数年に一度食べるか食べないかの北京ダック・・・

そして北京ダックが名物らしく出てきたのですが・・・これもとっても魅力的なプレゼンテーションでよかったのですが、断然アロマティック・ダック派の私としては皮の脂っぽさが口に遭わなかったかな・・でも北京ダック好きな人達は美味しそうに食べていたので合格なのでしょう♪ そして!! ロブスター・ヌードルの登場〜!!

豪華ロブスター・ヌードル。あなたを待っていた♡

豪華ロブスター・ヌードル。あなたを待っていた♡

左下は北京ダックについてきたプレーンなバオ

左下は北京ダックについてきたプレーンなバオ。かわいい。

やはりロブスター・ヌードルはいいです。気分も口の中もゴージャスになり、目の保養にもなりますから ^^ ぷりぷりのロブスターの身も、ヌードルへのロブスター出汁の染み具合も、すべて完璧な逸品。美味しゅうございました。そして締めには麻婆豆腐、台湾名物の「三杯雞」(サンペイ・チキン)などを美味しくいただき、満腹満足な夜となりました。

中国人の友人イチオシだった台湾名物、ポット入り三杯雞は美味しかったす♪

中国人の友人イチオシだった台湾名物、ポット入り三杯雞はチキンがジューシーで美味しかったす♪

シェファーズ・ブッシュ界隈ってこれといった店がなくてあまり足を運ばないエリアですが、このシクメンはなかなかのヒット。ウェストフィールズの目と鼻の先なのでショッピングの前後に、というのが正しい使い方なのかも。点心を食べにまた近々行きたいです♪ イーリングにも支店あり

58 Shepherd's Bush Green, White City, London W12 8QE

店名Sikumen Shepherdr’s Bush
最寄り駅 Shepherd’s Bush
住所58 Shepherd's Bush Green, White City, London W12 8QE
電話番号020 8749 9978
営業時間月〜土 12:00 – 23:00 日 11:30 – 22:30
URLhttp://www.shikumen.co.uk/shepherds-bush/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す