約束の地に息づく、ストリート・フード

0

th_tabun-kitchen_banner

Tabun Kitchen   タブン・キッチン

古くはHoney & Co、そして一気にエルサレム飯の地位を向上させた中華街のPalomarを皮切りに、今いちばんホットなコベント・ガーデンのBarbary、そして同じく新しめのFoley’sなどなど、ロンドンにオープンするエルサレム料理のレベルの高さには目を見張るものがありますが、またまたSOHOに一軒、新しい店が登場しました。

こちらはパレスチナ生まれの女性事業家がオープンしたエルサレム・キッチン、ストリート・フード編☆ 確かに店構えはカジュアルなのですが、インテリアはカジュアルとレストランの中間みたいな感じで軽いランチで立ち寄ってもよし、中途半端な時間に小腹を満たすためにポップインしてもよし、ディナーでゆっくりもできるという多目的オールデー・オープン・スペースとなっています。

th_tabun-kitchen1
この日はディナーでゆっくり目にスタート ^^ スターターにはサイド・ディッシュからファヴァ・ビーンズの煮込み、エルサレム風のミックス・サラダ「ファトゥーシュ・サラダ」、スターター・メニューからエルサレム風のファラフェルなどを注文。そしてパレスチナ風ピザのマナキシュ・メニューからはザタールのトッピングを。

th_tabun-kitchen2

左はファヴァ・ビーンズの煮込み。ハウスの白はなかなか美味しかったですよ ^^

th_tabun-kitchen3

左から時計回りにザタールのマナキシュ、エルサレム風ファラフェル、ミックスサラダ+美味しいフラットブレッド

どれもそこそこ美味しかったです ^^ また食べたいと思ったのは、ファラフェル、そしてファトゥーシュ・サラダに添えられていたフラットブレッド。シンプルなザタール(中東のハーブ・スパイス)のマナキシュは・・・ザタールの量が多すぎw このフラットブレッドはアラブの伝統的なパンだと思うのですが、こんなに大量のザタールを載せているのは見たことありませんw これはザタールをペースト状にして載せて焼いているのだと思うのですが、それにしても口の中でモサモサして好みが分かれるところだと思いました。

メインにはパレスチナ風のラム肉入り炊き込みご飯「Lamb Makloubeh / ラム・マクルーバ」と、シーフードのグリルを。

左がシーフードのグリル、右がラム肉のマラクーバ

左がシーフードのグリル、右がラム肉のマラクーバ

同席していた人達の間で、このマクルーバの評判はよかったです。炊き込みご飯とアーモンドやそら豆などの食感コンビが新鮮だったからだと思います。シーフードも普通に美味しい感じで・・・ただ個人的にはどちらも「格別に旨い!」というお味ではなかったように思うのですが、他にもいっぱいメニューがあるので、次回はもっと別のものも試してみたいです ^^ (ちなみにシーフード・グリルはもうメニューにないみたいです)

締めにちょこっと食べたいデザートたち☆

締めにちょこっと食べたいデザートたち☆

デザートも充実していて、中東らしい選択肢がたくさん。定番伸びるチーズのキュネフェ、ミルクプリンやセモリナ・ケーキ、バクラヴァなど、締めに少しだけ食べたい甘いものがいいですよね。

ここでは珍しいエルサレムのストリート・スナックを、軽いランチやおやつにいただく、という使い方が正解のような気がしました ^^

77 Berwick Street, London W1F 8TH

店名Tabun Kitchen
最寄り駅Tottenham Court Road / Oxford Circus
住所77 Berwick Street, London W1F 8TH
電話番号020 7324 7767
営業時間月〜土 12:00 – 00:00
URLhttp://tabunkitchen.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す