粋なノマドワーカーはイタリアン・バーがお好き

0

th_Palatino_banner

Palatino   パラティーノ

専門性の高いスペシャリストがフリーで仕事をすることが多いロンドンのような街では、働き方のスタイルも様々。オフィスを構えたり自宅をオフィス兼にしたり、あるいは設備の整ったオフィス・ビルの中に自分のスペースを持って働くという形もありますよね。最近ではそのアイデアを一歩進めた「会員制のスタイリッシュなコワーキング・スペース」を提供する会社が出てきています。現在ショーディッチに近いクラーケンウェルにビルを持つ「FORA」もその一つ。

コワーキング・スペースの1階にできたイタリアン

コワーキング・スペースの1階にできたイタリアン

会員になって月に決められた額を支払うことで、ミーティング・ルームの使用を含めたお洒落な共同スペースにアクセスする権利を得られるというわけ。お客さんにしょっちゅう会う必要があるフリーランサーには最適、地方に住むビジネスマンがロンドンを拠点に商談をまとめたいとき1ヵ月だけ会員になるという使い方もできます。私のようなフリーランサーにはたいへん魅力的なRORAは現在、ロンドン中心部に増殖計画を立てているようですが、会員さんが食堂代わりに使えるような飲食スペースを併設していくことになるのだと思います。

インダストリアル・スタイルならではの開放感☆

インダストリアル・スタイルならではの開放感☆

FORAの第一号ビルには、こちら、Palatinoというカジュアルなイタリアン・バーが併設。なかなか使える! という印象です ^^

左上は突き出しの自家製フォカッチャなんですが、ものすごく家庭的なお味でした ^^;

左上は突き出しの自家製フォカッチャなんですが、ものすごく家庭的なお味でした ^^;

一般の人ももちろんウェルカムなパラティーノ。どんな嗜好の人でも食べたい皿が見つかるコンテンポラリーなイタリアン・メニューは軽食利用からコース的な食べ方までどんなスタイルにも対応し、お味のほうもそつなく美味。自分の生活圏や仕事圏の中にあれば定期的にのぞきに来たい親しみのある雰囲気に満ちています。

タコのカルパッチョはフルーティーなトマトが決め手!  とても美味しいです。この花柄のラベルが可愛らしい銘柄の白ワイン、ピノ・グリージョですが、この日の料理にぴったりと合いました。おすすめ!

タコのカルパッチョはフルーティーなトマトが決め手! とても美味しいです。花柄のラベルが可愛らしい銘柄の白ワイン、ピノ・グリージョですが、この日の料理にぴったりと合いました。おすすめ!

クラシックなほうれん草とリコッタのラビオリはレモン風味のバター・ソースで濃厚☆

クラシックなほうれん草とリコッタのラビオリはレモン風味のバター・ソースで濃厚☆

左はメインのカテゴリーからチキンのミートボールとポレンタ。これがジューシーで塩加減もよく、ポレンタもちょうどよい緩さ&油脂加減でとても美味しかったのです。サイドで付けたレインボー・チャードも上手に調理していました。右下はお口をさっぱりさせるために頼んだデザートのピスタチオのジェラート。さっぱり味♪

左はメインのカテゴリーから選んだチキンのミートボールとポレンタ。これがジューシーで塩加減もよく、ポレンタもちょうどよい緩さ&油脂加減でとても美味しかったのです。サイドで付けたレインボー・チャードも上手に調理されていました。右下はお口をさっぱりさせるために頼んだデザートのピスタチオのジェラート。甘さ控えめのさっぱり味♪

会員さんだけがアクセスできるオフィス・スペースとの境にはバーがあって、これまたイタリア人スタッフの皆様の温かいモテナシがいと楽し。(なぜか日本の漫画好き2人組がいて、いろいろ話しかけられましたが ^^ )

併設バーでお酒を♪ 右の写真はレストラン部分です。

併設バーでお酒を♪ 右の写真はレストラン部分です。

ビルの目的柄、朝食時間からオープン。界隈で美味しいイタリアンを手軽に食べたくなったら、ぜひ立ち寄ってみてください。

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

71 Central Street, London EC1V 8AB

店名Palatino
最寄り駅Old Street / Barbican
住所71 Central Street, London EC1V 8AB
電話番号020 3481 5300
営業時間月〜金 8:00 – 22:00 土 12:00 – 22:00
URLhttp://palatino.london
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す