運気上昇!? 羽ばたくペガサスが目印☆きらきらブラッセリー

0

th_Brasserie of Light+banner

Brasserie of Light  ブラッセリー・オブ・ライト

場所は高級デパート、セルフリッジズの中。Duke Street沿いにも直通エントランスがあるこちらのブラッセリーは、天井も含めてインテリア全体にクリスタルとミラーをふんだんに使った文字通りのクリスタル・パレス。壁一面の窓から燦々と自然光が降りそそぎ光に満たされる東向きのホールには、大きく翼を広げて羽ばたくクリスタルのペガサスが! その横幅たるや、堂々の9メートル。圧巻のセンターピースがお客さんを驚かせます。

天馬空を行く♡

天馬空を行く♡

テーブル席をいだくように設置されたこの天翔けるペガサスは、なんと現代美術家のダミアン・ハーストさんの作品です。メデューサの首から生まれ出たという伝説の天馬はレストランのいたるところにモチーフとして使われていて、ウォール・デコレーションとして、またお皿にも、スタッフの皆さんの制服にも・・・! あちこちに施されたペガサスはまさにこのレストランを守護しているかのよう。空間全体が黄金色にきらきらと輝き、光が反射しあって・・・風水的にもなにやら金運が上がりそうな雰囲気さえ漂わせています(笑)。

th_Brasserie of Light_1

th_Brasserie of Light_2

th_Brasserie of Light_3

ホールででてくるパン、美味しい♡

ホールででてくるパン、美味しい♡

レストラン内で写真を撮っていると、光の反射のせいかなぜかカラーがゴールド系になってしまい調整不能にw  途中で普通に戻ったのですが・・・お料理の写真がちょっと不思議な色味になっていますがご容赦を。食事は概して美味しかったです。とい上げ上げに盛り上がって全体的に高評価に(笑)。と言っても、ただのフレンチ系のブラッセリーではなくメニューそのものに現代的なヒネリもあり、野菜料理も多くお味の方は全て本当に美味しかったです^^

左下の一皿はポレンタのフライにアーティチョークのピュレ、 ロースト・トマトなどを合わせたベジ・ディッシュ。満足度大!

左下の一皿はポレンタのフライにアーティチョークのピュレ、 ロースト・トマトなどを合わせたベジ・ディッシュ。ポレンタ好きの友人も絶賛、満足度大!

こちらはチキン、ラディッシュ、ざくろ、りんご、ぶどう、ビーツなどをあしらったヘルシー・サラダ!

こちらはマッシュルームと野菜のライス・ボウル。醤油ベースのタレが美味しく、日本人なら絶対に好きな料理。ただ、この日はライスに少し芯が残っていた〜。サラダ・ディッシュだからこれでいいのか?

こちらはマッシュルームと野菜のライス・ボウル。醤油ベースのタレが美味しく、日本人なら絶対に好きな味。ただ、この日はバスマチ・ライスに少し芯が残っていた〜。サラダ・ディッシュだからこれでいいのか?

この写真のあたりからカメラの色味が元に戻るw 光の加減が変わったからかな?

この写真のあたりからカメラの色味が元に戻るw 光の加減が変わったからかな?

特筆すべきなのはデザート!! テーマであるペガサスに引っかけ、なんともファンタジックなラインナップが並びます。私たちは「Fallen Fruit」と「Pegasus Pie」を試したのですが、その物語性あふれる姿の愉しさと洗練されたお味に悶絶しましたw

Fallen Fruit - Morello Cherry, Dark Chocolate, Cherry Compote, Almond Biscotti

黒い森のガトーを思わせる組み合わせ、Fallen Fruit

「Fallen Fruit」はサクランボに見立てた滑らかで食べ応えあるチェリー・ムースとチョコレートの組み合わせが秀逸。白雪姫の森を思わせるチェリー尽くしの一品。「Pegasus Pie」はラブリーな見た目だけでなく、雲に見立てた柚子風味のココナッツ・シャーベット、グリルしたパイナップル、ゴマのビスケット、キャラメル・ソースが素晴らしい天上のハーモニーを奏でる逸品。ぜひお試しを。

ペガサスの翼に胸キュン。Pegasus Pie - Yuzu Coconut Cloud, Sesame Biscuit, Charred Pineapple, Caramel

ペガサスの翼に胸キュン「Pegasus Pie」。お皿の端にペガサスか天使の羽(チョコレート)をあしらう小粋さ。この店のアフタヌーン・ティーも試してみたいです♪

ブラッセリー・オブ・ライト(光のブラッセリー)はロンドン市内をはじめ、英国内の他都市にも同様のスタイリッシュなレストランを展開しているCaprice Holdingsの最新プロジェクト。彼らのレストランで最もよく知られているのはThe Ivy Caféではないでしょうか。その他にもScott’s、34 Mayfair、J Sheekeyなどそうそうたるレストランでロンドンのフード・シーンを彩るカプライス・ホールディングス。次のプロジェクトも楽しみです^^

Duke Street, Selfridges, 400 Oxford Street, London W1A 1AB

店名Brasserie of Light
最寄り駅Bond Street / Marble Arch
住所Duke Street, Selfridges, 400 Oxford Street, London W1A 1AB
電話番号020 3940 9600
営業時間https://www.brasserie-of-light.co.uk
URLhttps://www.brasserie-of-light.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す