セルフ式+量り売りベジ・レストランの真打ち登場

0

Ethos エトス

オックスフォード・サーカスのマーケット・プレイスすぐ近くという超一等地に2014年9月に新登場した野菜料理のセルフ式レストラン。

夜行ったのでなんだかよく分からない外観でスミマセン

夜行ったのでなんだかよく分からない外観でスミマセン

リージェント・ストリート脇にある「tibits」が同コンセプトでは有名ですが、エトスはそのちょっぴり上をいくグルメ志向が強いベジ・レストランです。

6時過ぎには満席に☆

6時過ぎには満席に☆

トナカイのロゴ、白樺の木など、北欧を意識したインテリアでナチュラルにまとめた店内は広々としていて74席をカバー。オールデー・オープンではありますが、常時ホット・ミールがあるわけではなく、やはりランチ時間、ディナー時間のみのサーブで、その他の中途半端な時間は今のところ限られたサラダ類とデザートしかないので要注意です。

サラダ類は繊細な味付けです☆

サラダ類は繊細な味付けです☆

平日5時過ぎに入ったら最初はサラダしかなかったのですが、最近のトレンドに倣ってワールド・テイストを取り入れたサラダ類はどれも手が込んでいて美味しい! 色とりどりのヘリテージ・トマトを使ったトスカーナ風のサラダ、ズッキーニとフェタ・チーズ、スパイシー・ポテト、カボチャとホウレンソウなど、新鮮な素材を使っていることが分かります。

これで11ポンドちょっと

これで11ポンドちょっと

2.7ポンド/100gの量り売りで、この皿で11.30ポンドくらい。Tibitsよりも10ペンスお高い感じですね(ティビッツはランチのほうがお得。エトスもランチは安いレートかどうか調べ忘れた・・・)。

そして6時に近くなってくると続々とホット・ミールが登場♪

ホット・ミールの魅力には抗えない〜右下のベジ・ロールみたいなのがすごく美味しかった

ホット・ミールの魅力には抗えない〜右下のベジ・ロールみたいなのがすごく美味しかった

ベジタリアン・スコッチエッグ(左上)は卵が半熟でよい☆ 左下がグルテン・ミート右上のスモール・プレートがなんと13.20ポンド(驚)

ベジタリアン・スコッチエッグ(左上)は卵が半熟でよい☆ 左下がグルテン・ミート
右上のスモール・プレートが2.3ポンド/100gで、なんとこれで13.20ポンド(驚)
こういうときに日本円換算しても意味ないんですけどw 2000円くらいするってことですよ

こちらのシグニチャーは、インド風ポテトを使ったスコッチ・エッグの「Aloo Scotch Egg」(美味しいです☆半個で2.5ポンド)と、グルテン・ミートを使ったリブそっくりの「Seitan Ribs」。スパイシーなBBQソースでいただくベジタリアン・リブはワラジを齧っているみたいで個人的にはあまり好みではないですが、これ目当てに来ている人がいるくらいの人気の品。その他、田楽ナスやタイ風コーン・フリッター、レバノン風インゲンのトマト煮込みなど無国籍な料理が並びます。

デザート類はフツウな出来

デザート類はフツウな出来

さてデザート。もっと別のメニューを試してみないと分からないものの、ライム・ケーキやクルミのケーキなどを食してみましたがグルテン・フリーでなければならない方でない限り、ここでデザートを食べる必要はないのかも。

エトスを作ったのは、なんと弱冠26歳の起業家ジェシカ・クルーガーさん。ハイクオリティのベジタリアン・レストランがセントラル・ロンドンにないことに業を煮やして自分で作ってしまったのだとか。すごい実行力ですよね ^^

総合評価としては・・・美味しいけれど決して、安くはないです。むしろセルフ式だからと甘く見ていると痛い目に遭います(笑)。が、味は確かにいいので、ワインやカクテルも揃っていることですし、「今日は豪勢なベジタリアン・メニューで乾杯だ!」という日にやってくると大満足かも。でなければ、お皿に盛る量を気にしつつ、ヘルシーでデリシャスなベジ・ミールをお楽しみあれ♪

 

48 Eastcastle Street, London W1W 8DX

店名Ethos
最寄り駅Oxford Circus / Tottenham Court Road
住所48 Eastcastle Street, London W1W 8DX
電話番号020 3581 1538
営業時間月〜金 8:00 – 22:00 土10:00 – 22:00 日 12:00 – 17:00
URLhttp://ethosfoods.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す