イタリア料理のバイブルに恥じない食のアート

0

th_Artusi_banner

Artusi  アルトゥージ

日本人としてはどうしても「アツシ」と読んでしまう当店ですがw、名前の由来は『台所の科学と良食のアート』というベストセラー料理本を1891年に物しているペッレグリーノ・アルトゥージ氏。今でも売れているという本書は、イタリア版『ビートン夫人の家政読本』みたいな感じなのでしょうか。イタリア料理のバイブルと言われている本だけに、その著者から名前を頂戴するなんて粋な命名もあったもの。確かにイギリスに「ミセス・ビートン」なんていう名前のレストランが現れたら、誰もが注目しそうです ^^

さて、美味しい料理を出すトレンディな店がニョキニョキと現れている注目のエリア、南ロンドンのペッカム・ライに2014年に登場したアルトゥージ、いろいろなメディアで素晴らしいレビューを目にするようになったので足を運んでみました。

小さなレストランはいつもいっぱい☆

小さなレストランはいつもいっぱい☆

ペッカム・ライ駅からイースト・ダリッジ方面に歩いて5分ほど、その昔、フランスから多くのユグノー教徒が亡命してきたという界隈に楽しげな商店街Bellendon Roadがあり、その端っこに佇む当店では名前通りの正統派イタリアンの醍醐味を、気取らない、飾らないスタイルで愉しむことができます。

このトマトソースのリングイネは本当はショートパスタで作られるはずだったものが、パスタがなくなりw リングイネになった

このトマトソースのリングイネは本当はショートパスタで作られるはずだったものが、
パスタがなくなりw リングイネになった。下はオリーブの刺激的な味に
バルサミコ・ドレッシングの組み合わせが当たり前だけど美味しいブラータのサラダ

ここの料理を一言で言い表すなら、「間違いがない」ということでしょうか。平日夜はいくつかの前菜やパスタに加えてメインの肉と魚一皿ずつが加わるだけのシンプルなメニュー構成。日曜日はメイン料理がなくなって、前菜風の小皿とパスタ、デザートだけ。パスタは大小の皿から選べるのですが、小が6ポンド、大で10ポンド程度ととても良心的、しかも小でもなかなかのボリュームなのです。

アンチョビのパスタだったかな? さっぱりしているようで、しっかり味がついている日本のスープ・パスタ的な味を楽しめる

アンチョビとケイパーのパスタだったかな? さっぱりしているようで、
しっかり味がついている日本のスープ・パスタ的な味を楽しめる

麺はしっかりアルデンテ。ソースもリッチでメリハリがあり、その他の料理も全て口に運んで一口目を味わうと同時に、あぁ美味しい!と思える安心の仕上がり。東ロンドンのレストランで経験を積んだシェフ、ジャック・ビアーさんのセンスが光っています。

前菜にあったミートボールとロースト・ポテト、ケールの組み合わせ。美味しい!!

前菜にあったミートボールとロースト・ポテト、ケールの組み合わせ。
絶妙な味のバランスで素朴な美味しさ!!

奇をてらわないシンプルさの中にある、間違いのない美味しさ、とてもフレンドリーでカスタマー志向のサービス、どれをとっても人気が出ない理由がないアルトゥージ。南方面にお住まいの方はぜひ試してみてくださいね。

161 Bellendon Road, London SE15 4DH

店名Artusi
最寄り駅Peckham Rye
住所161 Bellendon Road, London SE15 4DH
電話番号020 3302 8200
営業時間月 18:00 – 22:00 火〜土 12:00 – 14:30 /18:00 – 22:00 日 12:00 - 15:00
URLhttp://artusi.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す