第21話 Rock cake ~ロックケーキ~

0

okashi


<Rock cake ロックケーキ>

 

rockcake2

「ロックケーキ」または 「Rock buns(ロックバンズ)」と呼ばれることもあるこのお菓子、ハリーポッターにも登場することから日本でも近頃その名が知られるようになりましたが、物語の中のように岩のように固いケーキという訳ではありません。食感はスコーンとクッキーの中間くらい。オーブンの天板に生地をスプーンでポトリとラフに落として作るため、そのごつごつとした岩のような姿から「ロックケーキ」と名づけられました。

サイズも味も 作り手の数だけさまざま☆

サイズも味も 作り手の数だけさまざま☆

いろいろなバリエーションはありますが、一般的にはバター多めのリッチなスコーン的な生地に、ドライフルーツとミックススパイスなどのスパイス類を加え、上にデメララシュガー(ザラメ糖のようなもの)をふりかけて焼き上げます。生地作りも簡単、面倒な成型もなしということで、フラップジャックと並んでイギリスの子供たちのベイキング始めとしても人気です。紅茶との相性は言わずもがな。ティールームでオーダーすると(大抵ものすごく大きいのですが)、軽く温められ、バターが添えられてやってくることが多く、その軽く香るスパイスとスコーン同様ちょっとのどに詰まる感じに紅茶が非常にすすみます(笑)

ティールームではバターをたっぷりつけて☆

ティールームではバターをたっぷりつけて☆

ロックケーキ、世界中どこにでもありそうなお菓子にもみえますが、一応イギリス生まれと言われています。いつ頃から存在するのかは定かでないのですが、広くイギリス中の一般家庭に広がったのは、第二次世界大戦下の食糧難の時代。厳しい食料配給制の中、他のケーキ類に較べて卵もお砂糖も少なくて済むこのロックケーキを政府が推奨したのです。当時のレシピでは小麦粉にオートミールを加えて嵩増ししていたため、さらに「ロック」に近かったよう。その頃に較べると随分とリッチな配合に変わってきているとは思いますが、今も変わらずイギリス中でお茶のお供として愛されています。

では今の時代の美味しいレシピをご紹介☆
(  ミニサイズのロックケーキ15個分ですが、サイズはお好みで)

  1. 薄力粉225g/ベーキングパウダー 小さじ2/塩ひとつまみを合わせてボールにふるい入れます。無塩バター 100gを小さくカットして加え、指先でバターをすりつぶすようにしながら、全体をパン粉のようなサラサラの状態にします。
  2. グラニュー糖50g/ミックスフルーツ75g/ミックススパイス小さじ1/3/ナツメグひとつまみを①のボールに加えて軽く合わせます。卵1個をといて加えたらざっと混ぜ、ひとまとまりになる程度まで、牛乳を大さじ2~3加えます。
  3. オーブンペーパーを敷いた天板に生地をスプーンでラフに15個くらいのかたまりに落とします。 デメララシュガー(細かいザラメ糖)をたっぷりふりかけたら、180℃に予熱したオーブンで12~15分焼きましょう。さぁこの間に紅茶の準備を♪rockcake1

※ ミックスフルーツ・・・サルタナ・カランツ・オレンジピール・レモンピールのミックス
(全部揃わないときはあるものだけでもOK)
※ミックススパイス・・・イギリス菓子によく使われるスパイス
コリアンダー50%・オールスパイス30%・シナモン10%・ジンジャー5%・ナツメグ5%を混ぜ合わせて自分でも作れます

 

Share.

About Author

yasuda mariko

宮城県仙台市出身☆ 2008~2012年イギリスにてイギリス文化&イギリス菓子を大吸収するかたわら、日本で主催していたお菓子教室をつづけていたところ、あぶそる~とロンドンの編集長に出会う。 現在の居は巡りめぐって宇都宮。イギリス菓子教室 'Galettes and Biscuits' にてイギリス菓子の美味しさ&魅力を静かに発信中☆ http://galettes.exblog.jp/

コメントを残す