Grab your seats♡ファッショナブルにタイ料理

0


Smoking Goat  スモーキング・ゴート

今、英国内のレストランは4月12日からの屋外席オープンに伴い、予約をどんどん取って巻き返しを図ろうとパワフルに動き始めています。外席がないお店は気の毒・・・と思うのですが、昨年同様、一定時間になると道路を歩行者天国にしてレストランにしちゃう作戦が今年も続行予定。地方行政への掛け合いでなんとかストリート・レストランを形作ることができるお店はラッキーですよね。

人気店はすでに4月半ばから数週間は予約いっぱいなのかもしれないな・・・なんて思いながら、いろいろなお店に思いを馳せたりもしております。例えばこちらのショーディッチの超人気店、ファッショナブル・タイの先駆け、Smoking Goatもロックダウン中は少しだけ持ち帰りに対応していたようですが、ほとんど動きがなかったところ、ウェブサイトを見ると4月12日に再オープンと明記してあります^^  息を吹き返すとは、まさにこのことですね。

十分な外席♡

早く屋内でも食べたい♡

Smoking Goatは、Sohoのこれまた大人気のタイBBQレストラン、Kilnを大成功させ、UKベスト・レストランにまで引き上げたチームが贈るモダン・タイ料理の代表選手。2018年の立ち上げです。このビルの2階に店を構えるバスク料理にインスパイアされたBratも、彼らが手がけるスーパー・レストランの一つ。このチームがオープンするレストランの一つひとつを、業界は固唾を飲んで注視している。なぜってコンセプト作りも厨房の運営も独自路線だけど必ずヒットしちゃうのですから。

田舎タイ料理がUKベスト、あの炭火コンロが帰ってきた

 

タイ風スパイスでいただくオイスター!

少しだけ蒸してあります。

大根とコールラビのソムタム、ズッキーニの炒め物、鶏レバーのジャングル風!

コーンウォール産のカニのカレー。美味しいけど食べるところが少ないのが難点><

この日、いちばん気に入ったサバのサンバル・ソース。ご飯が進みすぎる。

お料理はどれも等しく美味しかったです。強いて何かあるとすれば、お値段に対して少しだけ量が少なめかなということですね。でも、少しだけ^^  伝統的なタイ料理レストランとは一線を画す出来栄えですし、ロケーションを考えると仕方ないですね。グループよりも2、3名までが最もコスパがいいのかなという気がします。他にも名物があるみたいなので、次回は違うメニューを試してみたい!

このショーディッチ店をオープンする前は、セント・ジャイルズの小さな店でひっそりと営業していたらしいですが、私は残念ながら噂だけでそのお店には行ったことがなく。創業者の一人であるベン・チャップマンさんは20代でアート業界や音楽業界を渡り歩き、正規の?修業もなく突然シェフになったユニークな経歴の持ち主。でもお客さんが見ているのは経歴や正規教育などではなく、アウトプットされる味と雰囲気なんですよね。そのツボを元来の野性の勘のようなもので無意識に捉えているベンさん。ブレグジットでイギリスにおけるレストランの質がどうなるか心配されていますが、イギリス人の次世代シェフや事業家たちはこの10年で着実に育っていますし、国内生産されている良質食材もたっぷりありますので、私は心配していません^^

64 Shoreditch High Street, London E1 6JJ

店名Smoking Goat
最寄り駅Shoreditch High Street / Old Street
住所64 Shoreditch High Street, London E1 6JJ
電話番号
営業時間4月12日以降 毎日 12:00 – 22:00
URLhttps://www.smokinggoatbar.com
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)など。2016年頃からチャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply