思い描くままのウィーンへ行こう

0


Fischerフィッシャーズ

雰囲気に惚れ惚れしてしまうレストランというのは、あるものです。私はゴージャスな気分にしてくれるヨーロッパのグランド・カフェ風の空間が大好きなので、ウィーンのカフェ文化を移植したFlscher’sのようなレストランは大好物。マリルボーンを訪れたらつい足を向けてしまう美しいカリスマをまとっています。

こぢんまりしたスペースの上質レストラン。

20世紀初頭のウィーンを彷彿とさせるフィッシャーズはもうずっとそこに佇んでいるようにも感じるのですが、実はマリルボーン・ハイ・ストリートの一画に創業してまだ8年。同じようなグランド・カフェ風のお店を得意とする人気のレストラン事業家、Corbin & Kingが手がけたものなのです。どおりでインテリアとしての鏡使いや革張りの椅子、駅舎を思わせる大きな時計やタイルの壁、そして白いテーブルクロスなど、隅々まで入念に上質が表現されているはずです^^

ここはウィーン風のカフェですから、子牛や鶏肉を薄く叩いて衣をつけ、カラリと揚げたシュニッツェルは名物の一つ。さっそく注文してみましたら間違いのない美味しさ! 大判のチキンは女子なら二人で分けてちょうどいい量でした。スーパーサラダと一緒にいただくと完璧。

シュニッツェル 、美味しかったです♪

このレストランは色々な楽しみ方ができるのですが、私のオススメはオーストリア風ケーキとお茶でティータイム♪  せっかくですから、たくさん試してみましょう。

まずはアップル・シュトゥルーデル。ホイップされた生クリームと一緒にエレガントにいただく至福のとき♪ デザートと言うよりも小腹が空いているおやつの時間に。

こちらはコーヒー&シュトロー・ラム・ケーキ。「Stroh(シュトロー)」はオーストリア産のラム酒で、ケーキにもふんだんに使われます! このケーキが思いのほか美味しく、次回はこちらを一人でいただきたいなと思っております♡ すっと口の中で溶けていく美味しさ。

こちらはご存知、ザッハトルテ♡ 濃厚なチョコレート・クリームと甘酸っぱいアプリコット・ジャムが口の中でワルツを踊っていました。クラシックな美味しさ。

純粋な喜び^^

こちらはブラックフォレスト。貴婦人のような佇まいのガトーは甘さ控えめ。上品なおちょぼ口でいただきたい可愛らしいチェリー・ケーキです。

これらの他にも、デザート・メニューがあります。甘いもの好きならぜひ試していただきたいなと思います。

フィッシャーズは人気店なので予約した方が良いのは確かですが、平日午前中や午後の遅い時間なら、ゆったりと座ってコーヒーとケーキを楽しめるはず。

ブレートヒェンと呼ばれるオープンサンドの朝食も、極上ソーセージ&ザワークラフトのランチも、はたまた子牛のシュニッツェルのディナーも、ここなら安心してシェフに任せられるクオリティ。ワインリストにはオーストリアやドイツ、フランスのアルザス、ハンガリーなど、当店ならではの生産者が並んでおり、そのほとんどをグラスで楽しめるのもさすが。

これを書いているとまた行きたくなってきました^^  今の季節、ロンドンでホリデー気分を味わうのもいいのかもしれません。

兄弟店はこちらです!

The Wolseley
Colbert
The Delaunay
Bellanger

50 Marylebone High Street, London W1U 5HN

店名Fischer’s
最寄り駅Baker Street / Regent’s Park
住所50 Marylebone High Street, London W1U 5HN
電話番号020 7466 5501
営業時間月 12:00 – 21:30 火〜金7:30 – 22:00 土・日 8:00 – 22:00(日は21:30まで)
URLhttps://www.fischers.co.uk
Share.

About Author

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて数多くの日本語プロジェクトに関わった後、2009年からフリーランス、各種媒体に寄稿中。2014年にイギリス情報サイト「あぶそる~とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、脱プラスチック、自然療法への意識喚起活動を行うなど、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。著書に『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房) 『ロンドンでしたい100のこと』『イギリスの飾らないのに豊かな暮らし 365日』(自由国民社)。チャネリングをベースとしたヒーラー「エウリーナ」としても活動中。Instagram: @ekumayu

ウェブサイト

Leave A Reply