シーズナル・ブリティッシュの今

0

th_Lyles_banner

Lyle’s  ライルズ

St John Bread & Wineの元ヘッド・シェフとマネージャー氏が2014年に立ち上げた話題のモダン・ブリティッシュ。ショーディッチのメディア・ディストリクトの中心地、Tea Building1階の広々と四角い空間を利用したクールなレストランは、いつもソレっぽいw 地元ピープルでにぎわっています。

Tea Buildingというだけあり、元々は紅茶を扱う倉庫だった建物

Tea Buildingというだけあり、元々は紅茶を扱う倉庫だった建物。だから天上高いの

最近のトレンディ・レストランの傾向は、季節の素材を使った小皿フュージョン料理。それらは21世紀の調理テクノロジーを使って実現されます。そして、それぞれのレストランを特徴づけているのは、もちろんヘッド・シェフのキャラクター! こちらのオーナー・シェフのジェームズさんは、野菜もお魚もお肉も大好きな方のようで、ここでは万遍なく美味しいお料理を堪能できます ^^

スモーク・イールは濃厚でやみつきになる味。イギリスでもこんなに素晴らしい加工ができるのですね☆

スモーク・イールは濃厚でやみつきになる味。イギリスでもこんなに素晴らしい加工ができるのですね☆

この日のランチでいただいたものうち、出色だったのは、上の写真左上の燻製鰻のお皿。残念ながらソース類がどういうものだったか思い出せないのですが(汗)、最高の組み合わせだったことだけは舌が覚えています♪ ジェームズさんは過去のキャリアで培ってきた農家や漁師さんたちとのコネクションを大切にし、厳選したフレッシュ食材を使うようにしているそうなので仕上がりも違います。

左はネギとポーチドエッグ、右はラディッキオとビートルートのサラダ。それぞれに工夫あり♪

左はネギとポーチドエッグ、右はラディッキオとビートルートのサラダ。それぞれに工夫あり♪

左はサバのロケット・ソース、右はビーフ! 友人によると完璧な焼き具合だったとか・・

左はサバのロケット・ソース、右はビーフ! 友人によると完璧な焼き具合だったとか・・

シグニチャーのトリークル・タルト。しかし至って普通のお味。他のものにチャレンジしてみてもいいのかも〜

シグニチャーのトリークル・タルト。しかし至って普通のお味。他のものにチャレンジしてみてもいいのかも〜

あ、書き忘れるところでしたが、ここは2015年9月にミシュラン一つ星を獲得しているんです。こういったカジュアル・レストランに星が付いていくのは大歓迎。イギリスの若いシェフたちの希望につながっていくと素敵ですね ^^

当店は朝からオールデー・オープンなのでカフェとしても使えるのです。朝行くと、こんな可愛らしいブリオッシュが♡

当店は朝からオールデー・オープンなのでカフェとしても使えるのです。朝行くと、こんな可愛らしいブリオッシュが♡

そういえば、ジェームズさんの修業場の大元、St Johnも一つ星。この一つ星というのが、飾らない感じがしていいです。St Johnといえばモダン・ブリティッシュの先駆者と言っていいシェフ、ファーガス・へンダーソン氏が1994年に立ち上げたブリティッシュ・レストランです。

その後、St John Bread & Wineやモルトビー・ストリートのパン屋さんなどが生まれ、St Johnの名声は確実に広まっていきました。それと同時に、St Johnグループで鍛えられたシェフたちが、独立して立派な仕事をするケースも最近は目立っているように感じています。このLyle’sも、その一つ。偉大なるシェフが後進たちを育て、そしてイギリスのレストランの質もどんどん向上していく。こういったポジティブ連鎖がずっと続くといいなと思います☆

56 Shoreditch High Street, London E1 6JJ

店名Lyle's
最寄り駅Shoreditch High Street / Hoxton / Old Street
住所56 Shoreditch High Street, London E1 6JJ
電話番号020 3011 5911
営業時間月〜金 8:00 – 23:00 土 12:00 – 23:00 (Lunch 12:00 – 14:30 / Dinner 18:00 – 22:00)
URLhttp://lyleslondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す