純フレンチの老舗はシーフードがお得意

0

th_Le Colombier_banner

Le Colombier  ル・コロンビエール

ここはもう一度くらい食事をしてからレビューしようと思っていたんですけれども、夏も残り少ないことですし、素敵なテラス席でのお食事をお楽しみいただきたいと思い、急ぎご紹介いたします ^^

チェルシーという地区は年配のお金持ちが数多く住まう地区であり、こういった富裕層の皆さんはタイムレスな正統派フレンチが大好きです。そしてサウス・ケンジントンがフランス人コミュニティーと密接な関わりのある地域だけに、良質のフランス料理レストランが数多く存在するという伝統もあるのです。しかるに、このル・コロンビエール(鳩舎という意味。通りの名前Dovehouseに掛けた?)。

1998年オープンと、すでに20年近くに渡ってご近所に愛されているクラシックなブラッセリーです。私はこのお店に頻繁に通っている友人に連れていってもらったのですが、もう本当にご近所のお金持ちの皆様にこよなく愛されているという言葉がピッタリとくるお店で、とてもとても微笑ましく感じられたのです。平日のランチ時間に訪れたのですが、お誕生日などの特別な集まりで来られているグループや、ふらりと散歩の途中で立ち寄られたご近所の老夫婦、タクシーでやって来られた常連さん家族もおられました。

この日はセット・ランチのスターターに生ガキがあってラッキー☆

この日はセット・ランチのスターターに生ガキがあってラッキー☆

フランス料理店としては珍しいほうだと思うのですが、ここはシーフードがスペシャリティです。平日・土曜のランチ・セットは2コース19.50ポンドでなかなかお得なお料理をいただけるのです ^^

ちょうどいい濃さのビスク。大量のパンはサービスです。さすがフレンチ。

ちょうどいい濃さのビスク。大量のパンはサービスです。さすがフレンチ。

フロントのテラス席はバカンス気分を味わえる場所 ^^  セット・ランチのシーフード・グラタン。クリーミーでキケンな美味しさ・・・!

フロントのテラス席ではバカンス気分を味わえる ^^ セット・ランチのシーフード・グラタン。クリーミーでキケンな美味しさ・・・!

いただいた生牡蠣のエシャロット・ヴィネグレット、ビスク・スープ、シーフード・ポテト・グラタンと、どれもフレンチの王道で味は本当によく、否が応にもテイストアップする食材がふんだんに使われ「ダイエットは明日から〜」という言葉が頭をよぎりますが、ハレの食事と思えばそれもよし ^^

フレッシュ・オイスターが好きで食べ歩いている常連の友人によると、ここの生牡蠣は中心部にあるJ SheekeyとかWright Brothersなどが真っ青になるくらいのクオリティなのだとか。そしてホタテが美味しい! のだそうです。このホタテを試してみてレビューしてもよかったかな〜と思ったのですが、なにはともあれ、夏が終わらないうちにサニーサイドなテラス席とシーフード&白ワインに舌鼓を♪ (でもでも肉料理も美味しいに違いありません!)

145 Dovehouse Street, Chelsea Square London SW3 6LB

店名Le Colombier
最寄り駅South Kensington
住所145 Dovehouse Street, Chelsea Square London SW3 6LB
電話番号020 7351 1155
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 18:30 - 22:30 土・日 12:00 – 15:30 / 18:30 – 22:30
URLhttp://www.le-colombier-restaurant.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す