ポップに美味しいユダヤごはん

0

th_Good Egg_banner

The Good Egg, Soho   グッド・エッグ SOHO店

北ロンドンのStoke Newingtonに2015年に登場して以来、ものすごい人気を獲得したため、2017年11月、SOHOはカーナビー・ストリート、Kingly Courtに2号店をオープンしてしまったという大変勢いのある店です。ストーク・ニューイントン店を試してみたいと思い続けてはや2年(笑)。その機会が訪れないまま、SOHO店にやってきました。

Good Eggというからには卵料理の店? いえ、ここはユダヤ文化にインスパイアされたカジュアルな料理を食べられる場所、つまりイスラエルのストリート・フードや朝食メニューを得意としているカフェ・レストランなのです♪

キングリー・コートの一画を占める人気店!

キングリー・コートの一画を占める人気店!

カーナビーの若者文化を意識しているせいか、インテリアはモダン・ポップ! デコレーションはアメリカン・ダイナーのようなイメージですが、食事は意外や、というと失礼ですが、かなり丁寧に作られています。だからこその人気なのでしょう。横に長〜いオープン・カウンター・キッチンではたくさんのシェフが忙しそうに働く姿を見ることができ、美味しそうな料理が次から次へとカウンターに載せられていきます。ストリート・フード屋台がたとえ店舗を獲得したとしても、その粋を忘れないでいられるとしたら、こんなレストランになるのでしょう。

th_Good Egg_2

ソーセージを付けたシャクシュカ!

この日は3名がそれぞれ好きなものを注文。イスラエルの定番朝食として知られるトマト・ソースのベイクド・エッグ、シャクシュカには羊のソーセージ、メルゲスのオプションを付けることができます。私は伝統のフラット・ブレッドのポケット・サンドを。揚げたナスやトマト、ゆで卵などをピクルスと一緒にはさんだ「Sabih」は、素材のコンビネーションも美味しいし食べ応えもあって◎ 付け合わせのクレソンのハーブ・ソースが本当にいい仕事をしていて、一緒に食べるとさらにハーモニーに深みが加わります。

左上から時計回りに、ナスのシャワマ、卵とナス・フライのポケット・サンド、

左上から時計回りに、ナスのシャワマ、卵とナス・フライのポケット・サンドと、そのアップ写真、フェタチーズのグリーン・ホイップ、ナス・シャワマに付いてくるフラット・ブレッドのグリル

中東と言えばナスを上手に使った料理が多いと思うのですが、その決定版とも言うべきナスのシャワマが美しい! ちょっと味見させてもらっただけなので全体の感想を載せられないのですが、次回はぜひ、これをいただいてみたいと思います。このナス・シャワマには、グリルしてハーブ・バターをおとしたフラット・ブレッドが付いてくるのですよ〜。これが大変美味しく、テンションあがりました ^^

イスラエル料理と言えば、今も高い人気を維持し続けるHoney & Coが有名ですけれども、Good Eggは店舗が広いこともあり、もっと手軽に気軽にイスラエルのストリート・フードをいただけると思います。メニューもバラエティに富んでいるので、次回はディナーに挑戦してみたい。中東料理好きとしては、リピートしてメニュー制覇してみたいレストランの一つになりました。

コーヒーも通常のアルチザン・コーヒー店と同じクオリティ。スイーツもユダヤを意識しているので、次回はどれかいただいてみたいと思います♪

コーヒーは通常のアルチザン・コーヒー店と同じクオリティ。スイーツもユダヤを意識しているので、次回はどれかいただいてみたいと思います♪

Ground Floor, Kingly Court, Carnaby Street, LondonW1B 5PW

店名The Good Egg, Soho
最寄り駅Oxford Circus
住所Ground Floor, Kingly Court, Carnaby Street, LondonW1B 5PW
電話番号020 3911 2000
営業時間月〜木 8:00 – 23:00 金 8:00 – 00:00 土 9:00 – 00:00 日 9:00 – 00:00
URLhttps://www.thegoodegg.co
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す