気軽に試せるグルメ・タパスはカーナビー地区の人気者

0

Dehesa  デーサ

「ロンドンでグルメなタパスを食べたいなら、 Salt Yard Group がプロデュースするタパス・バーに行け」

フィッツロヴィアにあるSalt Yard、登場と同時に劇場街コヴェント・ガーデンの人気者となったOpera Tavern、最新オープン店の Ember Yardなどを試すにつけ、思わずそんな鉄則を作ってしまうほど、同グループのレストランって、すごいんです。

若者タウン、SOHOのカーナビー・エリアに2008年にオープンしたDehesa / デーサも、そんな花形タパス屋のひとつ。

黒を基調にしたシックな外観

黒を基調にしたシックな外観

店名は世界最高峰のハムを生産しているイベリコ豚の里、スペインにあるデーサと呼ばれる森の名前にちなんでいるそうです。というわけでこの店の売りは、ドングリを与えて育てた黒足豚から作られる、トロけるようなイベリコ・ハム! もちろんチョリソやサラミ類も充実♪

ベジタリアン・タパスも充実

ベジタリアン・タパスも充実

素材のよさが際立つ一品

素材のよさが際立つ一品

肉料理では本領を発揮

肉料理では本領を発揮

さらに当店は、ときにチーズなどと組み合わせながら素材のフル・フレーバーを引き出す創作野菜タパスとでも呼びたくなるベジ料理にも定評があるんです。タパスって、ワインを飲みながらちょっとずつ美味しいものを食べたいときにぴったりの食形態ですよね。

変わり野菜料理は楽しみの一つ

変わり野菜料理は楽しみの一つ

ワインリストも充実♪

ワインリストも充実♪

もちろんデザートも旨い!

もちろんデザートも旨い!

好立地だけにいつも混み合っているので予約は必須ですが、夜は2回転、3回転させる主義のようで、5時、6時など早めの時間にいけば予約なしでも座れるかも。このエリアにしては大人の雰囲気も味わえるのもいい ^^

 

 

25 Ganton Street, London W1F 9BP

店名Dehesa
最寄り駅Oxford Circus / Piccadilly Circus
住所25 Ganton Street, London W1F 9BP
電話番号020 7494 4170
営業時間月~土 12:00 - 15:00 /17:00 - 23:00 土 12:00 - 23:00 日 12:00 - 22:00
URLhttp://www.dehesa.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す