世界ブームのペルー・キュイジーヌをスタイリッシュに

0

Lima Fitzrovia リマ フィッツロヴィア店

メキシコ料理やアルゼンチン料理など、南米の味がひそかなトレンドとなっているロンドンも含め、世界中のグルメたちが今、南米ペルー料理に大注目している中、ロンドンのペルー料理レストランの最高峰がこちら。ペルーの食文化は、カリブ諸国や中国、イタリアからの移民たちが持ち込んだ多種多様なカルチャーが混ざり合い、21世紀になってダイナミックで面白い食のキャラクターが表れてきていることがブームの背景にあるようです。

この奥に広いダイニング・スペースが・・・

この奥に広いダイニング・スペースが・・・

Limaの料理は南米だからと田舎風ダイナミック・メニューを想像したら大間違い。スターターからメイン、デザートまで、イエローやパープルなど色鮮やかな食材を使って繊細な料理を美しく盛りつけたお皿はヨーロッパ料理に勝るとも劣らない芸術品です。

パンはフワフワ、ブルー・ポテトがヘルシー♪

パンはフワフワ、ブルー・ポテトがヘルシー♪

しかもインカ帝国時代から脈々と受け継がれている珍しい穀類や多種類のトウモロコシ、ポテト、さらには珍しいナッツ類やオイルなどを多用しているだけに、グルメ度が高いにもかかわらず健康オタクのお眼鏡にもかないそうです。

乾燥イモを使ったメイン

乾燥イモを使ったメイン

おすすめはブルー・ポテトや魚介を使った前菜、伝統のドライ・ポテトを使ったやさしい味の料理や、柔らかくコンフィー状にした豚肉にアマゾン産のカシュー・ナッツやレンティル豆を添えた品など。

得意な魚料理は彩りも豊かに

得意な魚料理は彩りも豊かに

この素晴らしくクリエイティブな料理を創り上げているのは、リマ生まれで世界を旅して技術とセンスを習得した才能あるペルー人シェフ、ヴィルジリオ・マルティネスさん。ペルーのベスト・レストランに選ばれた「Cetral Restaurante」のシェフでもあり、Limaは彼が手掛けるロンドンのベンチャー。モダニスト・シェフとも言える彼の手法は、グルメ・ロンドナーたちの胃袋にしっかりと浸透し、2014年の今年、コベント・ガーデンに姉妹店Lima Floralをオープン。そちらのレビューもまたいずれ♪

 

31 Rathbone Place, London W1T 1JH

店名Lima
最寄り駅Tottenham Court Road / Goodge Street
住所31 Rathbone Place, London W1T 1JH
電話番号020 3002 2640
営業時間月〜土 12:00 - 14:30 / 17:30 - 22:30
URLhttp://www.limafitzrovia.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す