チェルシーで味わう豊かなカントリーサイド

0

Rabbit ラビット

2014年9月、ノッティング・ヒルにある人気店、The Shedの姉妹店がポッシュなチェルシーに進出。オープン一ヵ月ですでにスローンレンジャーからチェルシー・ガールにボーイを魅了、とびきりトレンディな食事処と化しています。

温かい手作り感のある外観は、やはり田舎の納屋風がコンセプト

温かい手作り感のある外観は、やはり田舎の納屋風がコンセプト

ウォークイン席もあるので予約なしでも試してみる価値あり

ウォークイン席もあるので予約なしでも試してみる価値あり

The Shedのレビューでも書きましたが、こちらは旬をあやつるグラッドウィン兄弟のニュー・ベンチャー。長男のマネージメント、次男の料理、三男が育てる食材が三位一体となり、イギリス・カントリーサイドの豊穣でアーバン・ピクニックを楽しめます。

自家製パンはまるでスコーンのような形。そして添えられているのはクロテッド・クリームならぬシャロット入りのホイップ・バター。ホイップしているのにバターの豊かな香りが残りを楽しめるので、パンにたっぷり塗って召し上がれ☆ 突き出しの役割をする「Mouthful」(1つ 1.5ポンド)には季節の味を凝縮。お得意のフレッシュ野菜のディップは自家製のクリスプ・ブレッドと生野菜でヘルシーにどうぞ♪

左上から時計回りにスコーン&クロテッド・クリームみたいな自家製パン、自営ヴィンヤードで醸造した白ワイン、ビートルートのディップ、「Mouthfull」と名付けられたカナッペ

左上から時計回りにスコーン&クロテッド・クリームみたいな自家製パン、自営ヴィンヤードで醸造した白ワイン、
ビートルートのディップ、「Mouthfull」と名付けられた各種カナッペ

グリルしたリークにヨーグルト・ソースを添えて

グリルしたリークにヨーグルト・ソースを添えた美しい一品

ウェスト・サセックスの自営農家から直送される野菜は旬の勢いを感じさ、今が旬のキノコはトリュフ、セージ、セロリアック・ピューレのコンビで最大限のフレーバーを楽しめました。

旬のキノコを堪能した一品♪

旬のキノコを堪能した一品♪

面白かったのはイカスミのニョッキに、イカのフライ、スパイシー・トマト・ソースを合わせてアーモンド・スライスをアクセントにした一品。お味、テクスチャーともにシェフのクリエイティビティが光る作品です。ちなみにここの名物はおそらくラビットのラビオリ。次回はぜひ試してみようと思います♪

イカスミのニョッキとイカのフライをスパイシーなトマト・ソースでまとめる

イカスミのニョッキとイカのフライをスパイシーなトマト・ソースでまとめる

旬へのこだわりはデザートにまで及び、エルサレム・アーティチョーク(キクイモ)を使用したアイスクリームがメニューに! これがなんとも言えず上品で、チョコレートのクラムと板チョコとの相性が抜群でした☆

th_8_rabbit

キクイモが見事なアイスクリームに♪ クリスタライズ・ジンジャーのように見えるのはキクイモ

特筆すべきはワインまでもが自家製であること。グラッドウィン兄弟の実家であるウェスト・サセックスのNutbourne Vinyardsでは6種類のブドウを育てて複数種のワインとスパークリング・ワインを醸造しています。レストランで飲めるのは現在のところ白とスパークリングのみ。ハウスの白ともいえる「Nutbourne Sussex Reserve」はフレッシュでありながらエレガントな後味が上出来、ぜひお試しあれ☆

予約が取りづらくなっていますが、バーの隣にあるウォークイン・スペースなら夕方6時に入れば座れるはず。King’s Roadにはこれまでなかったタイプのレストランだけに、周囲の注目度は高いようです。

インテリアはあくまでカントリー調

インテリアはあくまでカントリー調

172 King’s Road, London SW3 4UP

店名Rabbit
最寄り駅Sloane Square / South Kensington
住所172 King’s Road, London SW3 4UP
電話番号020 3750 0172
営業時間火 18:00 – 00:00 水〜土12:00 – 00:00
URLhttp://www.rabbit-restaurant.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す