定番の英国フードをショーディッチの名店で

0

Albion Shoreditch アルビオン ショーディッチ店

ブリティッシュな食を楽しめるカジュアルなカフェ・レストランと言えば、2009年にオープンしたこちらが定番。英国デザインを牽引してきたコンラン卿夫妻とビジネス・パートナーであるピーター・プレスコットさんによるホテル&レストランの複合プロジェクトの一環としてほんの5年前にお目見えしたばかりなのに、もう長らくそこにあるかのような風格を感じさせる名店です。

店先の野菜や果物は見過ごせない魅力あり

店先の野菜や果物は見過ごせない魅力あり

ランチ・タイムはいつも常連さんで賑わう

ランチ・タイムはいつも常連さんで賑わう

この店ができたおかげで、アーノルド・サーカス界隈には続々とトレンディ・レストランがオープンし、今ではショーディッチでもホクストンに続くお洒落エリアとしての地位を確立しています。

店先にはコンラン卿が所有しているバートン・コートで収穫された季節の野菜や果物が並び、入ってすぐの食材コーナーにはいつも焼きたてパンやケーキがズラリ。ほかにもパッケージに一目惚れしそうなジャムやビスケット、紅茶など、英国産にこだわった食材が並んでいるのでお土産選びにも重宝します。

マッシュルーム・オムレツとイングリッシュ・マフィン

マッシュルーム・オムレツとイングリッシュ・マフィン

スモークサーモン&スクランブルエッグは英国朝食の定番

スモークサーモン&スクランブルエッグは英国朝食の定番

フル・イングリッシュ・ブレックファストは堂々のボリューム♪

フル・イングリッシュ・ブレックファストは堂々のボリューム♪

レストランのメニューはシンプルな気取らないブリティッシュ・フードが基本。英国産ソーセージ、ベーコン、ブラックプディングなど盛りだくさんオールデイ・ブレックファストで一日を始めればエネルギーも満タンに。その他フィッシュ&チップスやパイ&マッシュなど定番の味にもぜひトライしてみてください☆

ティータイムのケーキ類も充実

ティータイムのケーキ類も充実

シェフたちが忙しく働くオープンキッチンからは、焼きたてのバゲットやケーキの香りが・・・ついついデザートまで長居してしまいそうな予感です。

 

2-4 Boundary Street, London E2 7DD


店名Albion Shoreditch
最寄り駅Shoreditch High Street/ Old Street
住所2-4 Boundary Street, London E2 7DD

電話番号020 7729 1051
営業時間毎日 8:00 – 23:00
URLhttp://www.albioncaff.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す